試験・分析・鑑定

試験・分析・鑑定

酒造用水の分析

現在「半額キャンペーン」は行っておりません。分析は通常料金にて承ります。

当会では令和元年9月2日(月)から11月28日(木)までの期間限定で酒造用水の分析を通常料金の半額にてお受けいたしております。
※お申込は11月21日(木)まで

※本会では、本年度より醸造用水分析法を従来の国税庁所定分析法注解から、酒類総合研究所標準分析法注解に変更することとしました。これは、平成29年10月5日に酒類総合研究所標準分析法注解が発行されたためです。このため、一部の分析項目については試験内容が増加したため分析料金を改定させていただいております。また、従来の分析項目と内容の取り扱いが変わるものは、従来の分析値と結果が比較できるよう、換算値の記載を考えております。

何卒、ご理解いただきますよう宜しくお願い申し上げます。


詳細内容

1. 試料受付期間

月~木曜日必着

※ 一般細菌・大腸菌群の検査の関係上、金曜日と祝祭日の前日は分析をお受けできません。また、混雑する場合は試料の到着日を変更していただく場合がございます。

2. 分析項目

1. pH 2. 全鉄 3. マンガン 4. リン酸 5. カリウム 6. クロール
7. 全硬度 8. 有機物 9. 亜硝酸性窒素 10. アンモニア性窒素 11. 一般細菌 12. 大腸菌群

3. 分析費用

上記1~12のセット、試料1点について
通常期 : 52,250円 (税込)

特別割引期間 : ¥26,125 (税込)

※ 非会員は2割増となります。送金方法・お支払い方法はご請求書となります。

4. 申込方法

醸造用水の分析申込書(PDF)にご記入後、試料送付の1週間前までにFAXにてお申込みください。
日本醸造協会 FAX 03-3910-3748
試料が2点以上ある場合は、各ビンに符号の記入をお願いいたします。また、ヒ素、シアンの分析を希望される方は、申込み欄に○印を記入してください。

5. 試料採水・試料送付

試料は、熱湯滅菌された1,800mlびんを用いて、試料水で良く共洗い後に試料水を詰め、新品の王冠またはセロファン紙で覆った王冠で密閉してください。
試料送付先 〒114-0023 東京都北区滝野川2-6-30 公益財団法人日本醸造協会

6. 分析結果

試料到着後2週間程度で郵送にてお知らせします。

【再検査について】
再検査を希望される方は、申込書にて分析項目をご記入の上お申し込みください。
※ 分析料金は通常の半額となります。なお、分析結果は分析した項目のみの記載となります。

【ヒ素・シアン分析について】
近年、地下水のヒ素及びシアン汚染が問題となっています。
醸造用水の分析に試料1点当たり、追加料金
ヒ素分析 : 通常期 ¥7,700
シアン分析 : 通常期 ¥6,600

依頼試験による試験や分析・鑑定(有料)

醸造原料・酒類等の試験や分析、鑑定をご希望の方は、下記お申込みフォームから事前にご相談ください。内容を確認し費用についての返答をさせていただきます。
*納期に関しては試料が届いてから2週間いただきます。時期によってはそれ以上に時間がかかる場合がございます。
※ 試験の目的が不適当と認められる場合には、お断りすることがあります。

事前相談後、試験や分析、鑑定を依頼される方は、試験依頼書(PDF)をご記入の上、FAXにてお申込みください。
日本醸造協会 FAX 03-3910-3748

その他の活動

醸造用資材の規格検査

醸造に用いる「乳酸」「活性炭」「清澄剤」「酵素剤」「ろ過助剤」は、それぞれの品質規格が厳しく定められており、常にその品質が守られているかチェックすることになっております。日本醸造協会では、醸造用資材規格協議会や各資材のメーカーからの依頼により、醸造用資材の規格検査を実施し、各醸造場から、消費者の方へ安全な酒類をお届け出来るようにしています。なお、厳しい規格検査に合格した製品には、品質保証マークが付けられています。