日本醸造協会誌第114巻3号が発刊されました

・日本醸造協会誌第114巻3号が発刊されました。
・掲載内容は、下記のとおりです。
……………………………………………………………………………………………
解説

<巻頭随想>
日本食の未来について
般若 攝也

……………………………………………………………………………………………

トリクロロアニソールによる嗅覚マスキングの分子機構
竹内 裕子

Molecular Mechanism of Olfactory Masking by 2, 4, 6-Trichloroanisole
Hiroko TAKEUCHI

……………………………………………………………………………………………

秋田蔵付分離酵母シリーズ純米酒の開発と商品化
大野  剛

Development and Commercialization of Junmai-Shu which are Made Using Yeasts Isolated from Several SAKE Brewery-houses in AKITA
Tsuyoshi OHNO

……………………………………………………………………………………………

少量のビールは少量のノンアルコールビールに比し有意に胃の排出能を抑え小腸機能にも影響する
柴田 知行

The Effect of Consuming Small Volumes of Beer on Gastric Motility and the Involvement of Gene Polymorphisms
Tomoyuki SHIBATA

……………………………………………………………………………………………

全国醸造機器工業組合の50年、いままでとこれから
喜多 常夫

……………………………………………………………………………………………

「日本醤油技術センター」第87回醤油研究発表会(佐賀大会)開催

……………………………………………………………………………………………

抜粋要旨 中国醸造雑誌『醸酒科技』2018年5期号(総287号)

……………………………………………………………………………………………
報文

伊豆諸島の焼酎の揮発成分組成の特性
福田 央・山田 修・韓 錦順

Characteristics of the Volatile composition of Shochu in the Izu Islands
Hisashi FUKUDA, Osamu YAMADA and Jinshun HAN

……………………………………………………………………………………………
ノート

樽酒の香り強度指標成分の探索
高尾佳文・高橋俊成・末野和男

Exploring the aroma intensity index of taru-sake by comprehensive analysis
Yoshifumi TAKAO, Toshinari TAKAHASHI and Kazuo SUENO

……………………………………………………………………………………………


特定商取引法に基づく表記
  • dinamic_sidebar 4 none

Copyright(c) 2019 Brewing Society of Japan, All right reserved.