日本醸造協会誌第114巻11号が発刊されました

・日本醸造協会誌第114巻11号が発刊されました。
・掲載内容は、下記のとおりです。
……………………………………………………………………………………………
解説

<巻頭随想>
鑑評会の審査方法や官能評価について思うこと
藤井 力

……………………………………………………………………………………………

JFOODOによる日本産酒類の海外市場創造の取り組み-日本酒を事例に-
大泉 裕樹

JFOODO’s Challenges for Creating Overseas Market of Japanese Alcohol Beverages
Hiroki OIZUMI

……………………………………………………………………………………………

国産赤ワイン用ブドウ及びワインのプロアントシアニジン組成とそのコントロール
小山 和哉

Regulation of Proanthocyanidin Compositions in Domestic Red Wine Grape and Wine
Kazuya KOYAMA

……………………………………………………………………………………………

中國の蒸留酒の歴史(4)四川成都平原に生まれた酒の歴史と成都全興酒廠の歴史
髙山 卓美

History of Chinese Baiju
(4) History of Liquor Born in Sichuan Chengdu Pingyuan and History of Chengdu Quanxing Distillery
Takumi TAKAYAMA

……………………………………………………………………………………………

抜粋要旨 中国醸造雑誌『醸酒科技』2019年1期号(総295号)

……………………………………………………………………………………………
報文

酒造用原料米の水浸裂傷の定量評価
高堂泰輔・西村隆雄・藤原久志・北岡篤士・若井芳則

Quantitative evaluation of rice crack during water absorption
Taisuke KODO, Takao NISHIMURA, Hisashi FUJIWARA, Atsushi KITAOKA, Yoshinori WAKAI

……………………………………………………………………………………………
ノート

データ同化を用いた日本酒醸造工程の支援システムの開発
菊地 亮太

Prediction of an Actual Manufacturing Process of Sake Using Data Assimilation
Ryota KIKUCHI

……………………………………………………………………………………………


特定商取引法に基づく表記
  • dinamic_sidebar 4 none

Copyright(c) 2019 Brewing Society of Japan, All right reserved.