日本醸造協会誌第113巻5号が発刊されました

・日本醸造協会誌第113巻5号が発刊されました。
・掲載内容は、下記のとおりです。
……………………………………………………………………………………………
解説

<巻頭随想>
日本酒に「意味のイノベーション」を!
竹村 昭彦

……………………………………………………………………………………………

イネ胚乳澱粉合成研究と私
中村 保典

A Note of the Present Status of Studies on Starch Biosynthetic Process in Rice Endosperm
Yasunori NAKAMURA

……………………………………………………………………………………………

料理とともに味わう日本酒のおいしさの評価(新たな試み)
中村 諒・中野久美子・田村博康・水沼正樹・伏木 亨・平田 大

Evaluation of Palatability of Sake paired with Dishes-A New Endeavor
Ryo NAKAMURA, Kumiko NAKANO, Hiroyasu TAMURA, Masaki MIZUNUMA, Tohru FUSHIKI, Dai HIRATA

……………………………………………………………………………………………

清酒低温醪における含硫物動向
進藤 斉

Sulfur Compounds in Sake Mash Fermentation at Low Temperature
Hitoshi SHINDO

……………………………………………………………………………………………

シャンパーニュ地方におけるシャンパーニュづくり(後編・その2) -伝統的瓶内二次発酵法-
恩田 匠

Champagne Making in Champagne Region part III: Traditional in-bottle secondary fermentation method
Takumi ONDA

……………………………………………………………………………………………

抜粋要旨 中国醸造雑誌『醸酒科技』2017年6期号(総276号)

……………………………………………………………………………………………
報文

酒造用原料米のアルカリ及び尿素崩壊性による蒸米酵素消化性の推定法
奥田将生・上用みどり・福田 央

Estimation method for enzyme digestibility of steamed rice grains for sake making using alkali/urea solubility
Masaki OKUDA, Midori JOYO, Hisashi FUKUDA

……………………………………………………………………………………………


特定商取引法に基づく表記
  • dinamic_sidebar 4 none

Copyright(c) 2018 Brewing Society of Japan, All right reserved.