日本醸造協会誌第114巻7号が発刊されました

・日本醸造協会誌第114巻7号が発刊されました。
・掲載内容は、下記のとおりです。
……………………………………………………………………………………………
解説

<巻頭随想>
作らず造る
石川 達也

……………………………………………………………………………………………

日本酒の不振を憂い、その原因を探る
篠田 次郎

……………………………………………………………………………………………

北海道池田町におけるワイン造りと北海道産ワインの現状
安井 美裕

Reports of Winemaking in Hokkaido, especially in Ikeda
Yoshihiro YASUI

……………………………………………………………………………………………

味噌に含まれる各種機能性成分の解明
小野明日香・石田安理紗・上原誉志夫

Miso Ingredients and Health Benefits
Asuka ONO, Arisa ISHIDA, Yoshio UEHARA

……………………………………………………………………………………………

平成30年における醤油の研究業績
編集部

……………………………………………………………………………………………

抜粋要旨 中国醸造雑誌『醸酒科技』2019年9期号(総291号)

……………………………………………………………………………………………
報文

タイプの異なる味噌類の腸内炎症性物質LPS(Lipopolysaccharide)の中和・無毒化能について
佐々木瞳・石子彩夏・ファム・ティー・ゴック・ジェップ・戦 思彤・金内 誠

Decomposition-Neutralization of LPS (Lipopolysaccharide) Inflaming Intestinal Substance by Japanese Soy Paste Miso
Hitomi SASAKI, Ayaka ISHIKO, Thi Ngoc Diep PHAM, Sitong ZHAN, Makoto KANAUCHI

……………………………………………………………………………………………

瓶内二次発酵法によるスパークリングワイン製造におけるカルボキシメチルセルロースを用いた酒石安定化
恩田 匠・小嶋匡人・長沼孝多

Tartrate Stabilization Using Carboxymethyl Cellulose for Sparkling wine Production by a Traditional Method
Takumi ONDA, Masato KOJIMA, Kota NAGANUMA

……………………………………………………………………………………………


特定商取引法に基づく表記
  • dinamic_sidebar 4 none

Copyright(c) 2019 Brewing Society of Japan, All right reserved.