醸造業界で活躍する方々の「自分のお気に入りの醸造物・それにまつわる思い出」「醸造にかける想い・抱負」等を綴っていただく『いい醸!』。発表いただいた方の紹介により次回のご担当者が決まるため、意外な繋がりも見えるカモ!
 あなたが発表する日も遠くありません。その際はぜひ思いの丈をぶつけてください。

 更新は毎週月曜日・お昼の12時です!


12月 02 2013

株式会社落酒造場
落 昇

 

ご氏名をお願いします

落 昇(おち のぼる)

 

現在のご所属などは?

大正の鶴 醸造元 株式会社落酒造場 専務取締役兼杜氏

 

代表商品

「大正の鶴」

「大正の鶴」特別純米 無濾過生原酒(備前朝日100%使用)

 

思い出の醸造物 or 好きな醸造物 or 最近はまっている醸造物などを
一品教えてください

大学4年の春に出会った「田酒」純米大吟醸

 

その理由やその醸造物にまつわるエピソードをぜひ!

学生時代に同じ研究室の仲間の縁で日本酒の試飲会のイベントに初めて参加させてもらった時に出会った日本酒です。「田酒」純米大吟醸を飲んだ瞬間に頭の先から足のつま先まで雷のごとく電気が走るような感動を覚えたことを今でも忘れません。それまで日本酒といえば、ほとんど自分の蔵の酒の味しか知らないというありさま。もともとお酒が強くない、むしろ非常に弱い体質ですから、大衆居酒屋で出てくる日本酒の香りに先ずとても敏感に反応していてその時点で日本酒にたいして蔵元でありながら良いイメージを持っていなかった私でした。

そんな時に飲んだ「田酒」純米大吟醸は、お米で造った日本酒でこんなに心地よい自然果実を思わせるお酒があるのか!飲んでまた衝撃でした。口に含んで鼻に抜ける香りまでがとてもバランスがとれていて心地よい。味わいはソフトな旨味が口中に広がり余韻がすっと残ることなく消えていく。また、飲みたいと思わせてくれる人生初のお酒でした。世の中に美味しい日本酒は沢山ある。また、造ることも出来ると私に気付きを与えてくれた感謝の一本です。

 

ご略歴

2001年 3月 東京農業大学 農学部 醸造学科卒

2001年 4月 株式会社 京急百貨店 入社

2005年 2月 株式会社 落酒造場 入社 現在に至る

 

趣味

美味しい料理を食べること。美味しいお酒を飲むこと。

スポーツ観戦(サッカー、野球など)。

落語を聞くこと。

 

ご紹介者・石合様からのメッセージ

落さんは、同じ岡山県で造り酒屋をされていて岡山県酒造組合などでよくお会いします。酒造りに関して、ものすごく熱心でこれから岡山県を引っ張っていく若手No.1だと確信しています。落さん、岡山県を盛り上げていきましょう!

 

石合様へメッセージを!

石合さま

ご紹介光栄に存じます。

日頃、岡山酒造組合はじめ蔵元交流などにもご尽力くださり感謝しております。

石合さんも昨年より杜氏もされ新しい考えを取り入れ酒造りにも果敢に取り組んでいる姿、とても良い刺激を私自身与えられています。まだまだ、未熟な私ですが岡山県を盛り上げていきたい気持ちは同じです。どうぞ、今後ともご指導ご鞭撻のほど宜しくお願い申しあげます。また岡山県酒造業界の発展に引き続きご尽力くださいますよう重ねてお願い申しあげます。

 

告知などがございましたらお願いします

弊蔵元のある岡山県真庭市には、発酵を生業とする企業が実に10社あります。

そこで、この発酵文化の息づく街や“発酵”を若い世代に、地方に移り住んだ真庭人に、そして日本中へ伝えることができたら。そんな思いが響き合った7社が集まって「まにわ発酵’s」というチームを昨年発足。現在、活動の中でお客様が感じて学べるお客様参加型のイベントを実施中。

この活動を通して少しでも地域貢献が出来ればと思っています。精進します。

 

最後に今後の抱負や期待することを教えて下さい!

初代が良質な水を求めて下呰部(しもあざえ)の地に蔵を創業(1893年10月)したと伝え聞いております。創業から120年たつ今も、地元の方々の支えがあり良質な水は守られています。ホタルの乱舞する備中川の伏流水(中硬水)を活かし、岡山県産のお米を活かす。特に多くの一般米のルーツである朝日米にこだわった「美味しいお米で、美味しい日本酒を造る」をテーマにお酒造りに挑戦していきたいと考えています。

 

リンク

清酒 大正の鶴 蔵元 日記