醸造業界で活躍する方々の「自分のお気に入りの醸造物・それにまつわる思い出」「醸造にかける想い・抱負」等を綴っていただく『いい醸!』。発表いただいた方の紹介により次回のご担当者が決まるため、意外な繋がりも見えるカモ!
 あなたが発表する日も遠くありません。その際はぜひ思いの丈をぶつけてください。

 更新は毎週月曜日・お昼の12時です!


5月 12 2014

株式会社フェルミエ
本間るみ子

 

ご氏名をお願いします

本間るみ子 (ほんまるみこ)

 

現在のご所属などは?

株式会社フェルミエ 代表取締役社長

 

代表商品

ヨーロッパのナチュラルチーズ

フランスとイタリアが得意分野です。

 

思い出の醸造物or 好きな醸造物or最近はまっている醸造物などを一品

コンテ(マルセルプティット社)

 

 

 

 

 

 

 
熟成中のコンテ

その理由やエピソードをぜひ!

1986年にフェルミエを創業してから生産者を巡る旅を重ねてまいりましたが、なんど訪ねても感動するのはフランスを代表する「コンテ」です。熟成を経ることで旨味を増していく大型チーズは、そのままはもちろん、お料理にも大活躍。いつ食べても飽きることがありません。雪が溶ける頃、牛たちは山に放牧され、栄養たっぷりの山の草を食べてミネラルたっぷりのミルクを供給してくれます。そのミルクで大きなチーズをつくり、人々は冬の厳しい寒さの中で大事に食べてきました。食べ物に季節感がなくなりつつありますが、放牧期間につくられたコンテは黄色みが濃く、長い熟成にも耐えられるのです。熟成8ヶ月は優しい風味。12ヶ月をすぎると、アミノ酸の結晶がみられるようになります。朝食だったら8ヶ月でも充分においしくいただけますが、日本にしっくりくるのはやはり18ヶ月でしょうか。香りといい味わいといい本当においしい。このマリアージュはフランス人たちにもお墨付きです。

 

思い出の写真

チーズと日本酒の相性の良さが少しずつ広がっていることを実感しています。
広島県の瀬戸内海に面した隠れ家「ベラビスタ境ガ浜」で開催される「王禄とフェルミエの会」。
これは2012年、全国の王禄取扱店が集合したときの写真。真面目に取り組む勉強会や報告会を終えたら、さあ宴会です。皆様の豪快な飲みっぷりに驚いた夜でした。昨年は吉田牧場の吉田全作さんも参加され、野外で豪快に焼いたカチョカヴァロを王禄とともに味わい、翌日は無人島クルーズを楽しみました。お酒とチーズのおかげで楽しい輪が広がっています。

 

ご略歴

新潟県佐渡生まれ。ナチュラルチーズと出会ったのは1年間遊学したアメリカ時代。帰国後、入社したチーズ専門輸入商社「チェスコ株式会社」で、チェスコ創業者・故松平博雄氏に出会い、チーズの生まれた背景とロマンに魅了され、退社後ヨーロッパ一人旅を決行。西欧の歴史と文化の洗礼を受けました。

1984年、レストラン評価本「グルマン」に衝撃をうけて生まれたのが、レストラン向けにチーズを卸すこと。1986年3月、フェルミエを設立しました。

フェルミエには「農家製」という意味があるように、大手輸入会社ではできない、つくり手の顔が見えるチーズの輸入販売を目的に生産者を訪ね歩き、チーズを啓蒙しながら販売してきました。世界中のチーズ関係者との交流が広がり、フランスのニームやカオールで開催された農家製シェーヴルチーズのコンクール審査員を経て、1997年パリで行われた国際農業見本市のフランス農水省主催コンクールでは、日本人初のチーズ部門の審査員を務めました。2月末のコンクールには、その後毎年通っています。

卸が主体ですが、直営店は愛宕本社、渋谷東急フードショー、エキュート品川店、麻布十番フロマージュカフェ、及び札幌に店舗があります。

チーズのおいしさ、楽しさを伝えることを目標に、講演活動や執筆活動も行っています。

代表的な著書は『旬をおいしく楽しむ チーズの事典』(ナツメ出版)、『チーズの悦楽十二ヵ月』(集英社新書)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

趣味

趣味を仕事にしているため、昔からエンゲル係数が高い生活です。チーズを通して出会った、食に興味のある食いしん坊の友人が多く、日本各地を楽しく旅しています。趣味・・・と考えてみても結局、チーズから離れられない生活になってしまうようです。牧場は大好き。牛や山羊、羊に会って癒されています。チーズとは直接関係はありませんが馬も好きです。

 

ご紹介者・やまはた様からのメッセージ

るみ子様。日本だけでなく世界中の美味しいチーズを求めて東奔西走して、お忙しい日々をお過ごしのことと思います。チーズへの、またチーズを造る人々への溢れんばかりの情熱と愛情。その華奢でふんわりと柔らかな女性らしさからは想像つかないほどパワフルです。生き様も魅力的ですが、扱っていらっしゃるチーズの美味しさもすばらしい。長年、日本だけでなく世界中の生産者を訪れ、一つ一つを、細やかで妥協のない審美眼でセレクトされるからだと思います。

お体に気を付けられ、これからもチーズの奥深い世界をより多くの人に知らしめてください。また、お目にかかれること楽しみにしております。

 

やまはた様へメッセージを!

のりこさんとの出会いも、瀬戸内海の隠れ家「ベラビスタ境ガ浜」でした。

はじめて会ったのにすぐに意気投合し、夜中まで楽しく飲んでしまいました。その後しばらくして、のりこさんのご自宅に招かれ、心づくしのお料理とりんぺいさんセレクトのお酒をいただきました。人の縁とは不思議だと思わずにはいられません。そのとき出会った「三浦酒造」の三浦さんともおつきあいが始まりました。今度、弘前に連れて行ってくださいね。

 

最後に今後の抱負や期待することを教えて下さい!

チーズファンが増えてきていることを実感するこの頃です。CPA(チーズプロフェッショナル)協会は2000年に設立されましたが、会員数はもうすぐ1500名に達します。正しい知識を身につけていただき、チーズも含めたより豊かな食生活を、多くの方に広めていけるよう、微力ですが応援していきたいと思います。国産チーズにおいても生産者が増え、品質もグングン向上してきました。日本で生まれたチーズを海外に紹介していくことにも積極的に取り組んでいくつもりです。

 

リンク

株式会社フェルミエ公式ホームページ