醸造業界で活躍する方々の「自分のお気に入りの醸造物・それにまつわる思い出」「醸造にかける想い・抱負」等を綴っていただく『いい醸!』。発表いただいた方の紹介により次回のご担当者が決まるため、意外な繋がりも見えるカモ!
 あなたが発表する日も遠くありません。その際はぜひ思いの丈をぶつけてください。

 更新は毎週月曜日・お昼の12時です!


5月 21 2018

ニセコチーズ工房有限会社
近藤 裕志

 

ご氏名をお願いします

近藤 裕志 (こんどう ひろし)

 

ご所属

ニセコチーズ工房有限会社・取締役・チーズ職人

 

代表商品

二世古 雪花【sekka】パパイヤ&パイナップル
二世古 椛【momiji】
二世古 空【ku:】

 

思い出の醸造物を一品教えてください

国産チーズと日本酒
OSA WINRY tabiと海鮮丼

 

その理由は

チーズと言えばワイン。と考える方が多いと思いますが、繊細な味わいの国産チーズと日本酒との相性はかなり高いです。チーズ業界ではチーズと日本酒は鉄板の組み合わせになっていますが、一般的にはまだまだ知られていません。今後若い女性を中心に流行って行く組み合わせではないかと思っております。

我が家ではお祝い事があると「海鮮丼とOSA WINRY tabi」と決まっております。
元々酢飯が大好きだったのですが、OSA WINRY tabiは酢飯の風味をさらに引き出してくれます。酢飯に合うワイン。衝撃的でした。

 

思い出の写真

フランスで行われたチーズの世界コンテストの写真です。
自分のチーズも受賞し、コンテスト前に行ったフランス・スイスの工房巡りも大変勉強になり、有意義なものでした。

 

 

 

ご略歴

2010年 ニセコチーズ工房入社

 

趣味

スノーボード

 

ご紹介者・長様からのメッセージ

ニセコチーズ工房 近藤裕志様へ
いつも美味しいチーズをご提供いただきありがとうございます。ワイナリーバーにて、初めて食されるお客様にもとても喜んでいただいていますよ。日本人の味覚に合うチーズ、そして近藤さんにしかできない造りや味わいを求め常にチャレンジしている姿にいつも刺激を受けます。また一緒にイベント企画しましょうね!

 

様へメッセージを!

OSA WINRY 長様
いつも美味しくワインを頂いています。
長さんのワイン作りは、私のチーズ作りと方向性が似ているような気がし、いつも良い刺激を受けております。
これからも美味しいワインを飲める事を楽しみにしております。

 

今後の抱負や今後へ期待すること

日本のチーズも世界のコンクールで賞を取るようになり、ヨーロッパのチーズのレベルに近づいてきました。
ヨーロッパのチーズを真似し、追いかける時代は終わり、これからは日本の風土を生かした日本独自のチーズ作りをしていく必要性があると思います。
国内での乳酸菌、酵母の研究、販売がもっと進んでくれればなと思っております。

 

告知など

現在二世古ミモレットがJAL国際線ファーストクラス機内食に採用されています。

 

リンク

ニセコチーズ工房有限会社ホームページ