トピックス

2015年 国際酒文化・科学技術研討会開催のお知らせ

日本醸造学会、独立行政法人 酒類総合研究所、中国酒業協会(旧中国醸酒工業協会)、及び、江南大学の主催による国際酒文化・科学技術研討会は、これまで中国の成都、無錫、杭州、咸陽北京、及び、日本の東京において開催され、国内外の醸造の関係者、専門家、学者等、多くのご協力の下、大きな成功を収めてきました。開催された各大会には、中国、日本、台湾や欧米など世界各地から参加をいただき、国内外の酒文化学術の交流の場として、互いに影響力を及ぼしています。
さて、日中双方の主催者による協議の結果、第9回 2015年 国際酒文化・科学技術研討会は、2015年10月12,13両日、中国山西省太原市に於いて開催することに決定しました。会議の開催に当たり、主催者は、鋭意準備を進めており、日本国側から清酒、焼酎、みりん、ビール、ワイン、リキュール等、中国側からは、白酒、黄酒、ビール、ワイン、果実酒等の関係各位のご参加を心からお待ちしております。
なお、詳細につきましては、下記開催案内(PDF)をご覧下さい。本来であれば、航空券及び宿泊のご案内を同時にすべきところですが、日中間の航空機事情が混乱しているとのことで、後日、旅行取扱社から大会参加申込者(開催案内に記載)にご案内いたします。
 
開催案内(PDF)はこちらから