トピックス

日本醸造協会誌第116巻4号が発刊されました

・日本醸造協会誌第116巻4号が発刊されました。
・掲載内容は、下記のとおりです。
…………………………………………………………………………………………………………

解説

<巻頭随想>
食品が私たちの体に語りかけること
山﨑 正夫
…………………………………………………………………………………………………………
ビールの香りを支える閾値以下濃度の香気成分群
岸本 徹

A Group of Compounds at Sub-threshold Concentrations that Construct the Beer Aroma
Toru KISHIMOTO
…………………………………………………………………………………………………………
全国醤油品評会の歴史とこれから
水村 津与志

The History and Future of All Japan Shoyu Contest
Tsuyoshi MIZUMURA
…………………………………………………………………………………………………………
変化し続ける味噌 これまでの変遷とこれからの展望
北川 学

Ever-changing Miso: Past History and Future Prospects of Miso
Manabu KITAGAWA
…………………………………………………………………………………………………………
令和2年における酒類の研究業績
編集部
…………………………………………………………………………………………………………
抜粋要旨 中国醸造雑誌『醸酒科技』2020年6期号(総312号)
…………………………………………………………………………………………………………
報文
本格焼酎・泡盛の官能評価における標準見本の策定に向けた香気成分の閾値調査及び分類
長船行雄・利田賢次・韓 錦順・磯谷敦子・向井伸彦

Classification and threshold measurements of aroma compounds aimed for establishing the reference standards
Yukio OSAFUNE, Kenji TOSHIDA, Jinshun HAN, Atsuko ISOGAI and Nobuhiko MUKAI
…………………………………………………………………………………………………………
平成20~31年杜氏セミナー出品酒の解析
岡崎直人・稲橋正明・中原克己・蓮田寛和・武藤貴史・下飯 仁・木﨑康造・平田 大・奥田将生

Analysis of the sake exhibited at the Toji Seminar in Heiei 20-31 (2008-2019)
Naoto OKAZAKI, Masaaki INAHASHI, Katsumi NAKAHARA, Hirokazu HASUDA, Takafumi MUTOU, Hitoshi SHIMOII, Yasuzo KIZAKI, Dai HIRATA and Masaki OKUDA
…………………………………………………………………………………………………………