赤煉瓦酒造工場整備事業募金報告

大蔵省旧醸造試験所第一工場は、国による醸造技術の研究・発展を目指し、明治37年5月に創設された大蔵省醸造試験所の清酒醸造試験工場として設立されました。設計は、明治の3大建築家の1人である妻木頼黄(よりなか)によるものです。当建物は、通称「赤煉瓦酒造工場」といい、ドイツのビール工場を参考に設計された明治期の貴重な煉瓦造り建造物であるとともに、産業遺産としても貴重とされています。

赤煉瓦酒造工場は、日本の酒造りの近代化と酒類産業の発展に貢献し、醸造試験所(現在の独立行政法人酒類総合研究所)の酒類研究の試験醸造、酒類醸造講習(人材養成)の実習工場としても歴史を重ねてきました。平成26年12月、建造物として技術的に優れ、歴史的価値が高いことから文化財審議会で審議の上、国の重要文化財に指定されました。その後、平成28年4月からは文化庁の所管となり、文化財保護法に基づき平成28年3月31日付文化庁告示第35号により文化庁公益財団法人日本醸造協会が管理団体の指定を受け、赤煉瓦酒造工場の管理をすることとなりました。当協会は、赤煉瓦酒造工場の管理に当たり、明治期の煉瓦壁の良さを生かすとともに、貴重な白タイル煉瓦室等の整備のために、評議員会、理事会の承認をいただき平成29年1月4日から平成30年3月31日まで、広く皆様に寄付をお願いいたしました。今後の整備に際しましては、重要文化財として、北区、東京都、文化庁の指導のもと十分な注意と諸手続きを経て実施してまいります。

今後ともご支援に応えるべく努めてまいりますので、お力添えのほどよろしくお願い申し上げます。

公益財団法人 日本醸造協会  代表理事・会長 岡崎直人

  

「赤煉瓦酒造工場整備事業募金」結果報告

募金期間:平成29年1月4日~平成30年3月31日

募金方法:指定口座への振込

募金額:24,936,438円(寄付法人:382社 個人:275名)

募金の使途
赤煉瓦酒造工場の建物整備
赤煉瓦酒造工場の設備の整備
赤煉瓦酒造工場の公開のための整備

  

ご芳名のホームページへの掲載について

寄付者ご芳名は、以下よりご覧いただけます。
・掲載は個人名および団体名のみとし、寄付金額を含むその他の個人情報は掲載しておりません。
・申込書送付の際に、非公開をご希望の方については掲載しておりません。
・ご寄付者で万一お名前がもれている等、お気づきの点がございましたら、事務局までご連絡ください。

  

法人 個人

寄付者銘板の公開について

寄付者銘板は、赤煉瓦酒造工場内に設置予定です。
・掲載は個人名および団体名のみとし、寄付金額を含むその他の個人情報は掲載いたしません。
・申込書送付の際に、非公開をご希望の方については掲載いたしません。




特定商取引法に基づく表記
  • dinamic_sidebar 4 none

Copyright(c) 2019 Brewing Society of Japan, All right reserved.