日本醸造協会誌第113巻7号が発刊されました

・日本醸造協会誌第113巻7号が発刊されました。
・掲載内容は、下記のとおりです。
……………………………………………………………………………………………
解説

<巻頭随想>
今こそ醸造用品業者の活用を
塚本 泰嗣

……………………………………………………………………………………………

吟醸香成分酢酸イソアミルの新しい機能性-食品保存料としての可能性-
安藤 仁・岸本憲明

New Functionality of Volatile Isoamyl Acetate, a Main Flavor Component of Sake
Hitoshi ANDO, Noriaki KISHIMOTO

……………………………………………………………………………………………

本醸造しょうゆの食塩摂取量低減効果
下條 亮

Optimally Accepted Salt Reduction beyond Food Cultures by Using Naturally Brewed Soy Sauce
Ryo SHIMOJO

……………………………………………………………………………………………

ハワイの全米日本酒歓評会に参加して
奥田 将生

Attendance at U.S. National Sake Appraisal held in Hawaii
Masaki OKUDA

……………………………………………………………………………………………

平成29年における醤油の研究業績
編集部

……………………………………………………………………………………………

抜粋要旨 中国醸造雑誌『醸酒科技』2017年8期号(総278号)

……………………………………………………………………………………………
ノート

キャベツを用いた糖無添加の酒類製造
西田淑男・佐竹弘樹・重田一磨・伊藤彰敏

Cabbage liquor fermentation without sugar addition
Yoshio NISHIDA, Hiroki SATAKE, Kazuma SHIGETA and Akitoshi ITO

……………………………………………………………………………………………

反射式光度計-RQフレックス-を利用した醤油中のグルタミン酸分析
紅林 孝幸

The analysis of glutamic acid in soy sauce using a reflection photometer -RQ flex
Takayuki KUREBAYASHI

……………………………………………………………………………………………


特定商取引法に基づく表記
  • dinamic_sidebar 4 none

Copyright(c) 2018 Brewing Society of Japan, All right reserved.