日本醸造協会誌第113巻10号が発刊されました

・日本醸造協会誌第113巻10号が発刊されました。
・掲載内容は、下記のとおりです。
……………………………………………………………………………………………
解説

<巻頭随想>
香気成分の大きな潜在パワー
久保田 紀久枝

……………………………………………………………………………………………

日 EU・経済連携協定(EPA)における酒類にかかる交渉結果について
飯島  隆

Result concerning Liquor on Japan-EU Economic Partnership Agreement
Takashi IIJIMA

……………………………………………………………………………………………

「和食」造りに必須な微生物Aspergillus oryzae
一島 英治

The Most Important Microorganism Aspergillus oryzae for Production of Japanese Traditional Foods
Eiji ICHISHIMA

……………………………………………………………………………………………

減塩味噌および出汁入り味噌の高品質化のためのミニマムヒーティングプロセス
植村 邦彦

Improve the Quality of Reduced-sodium Miso and Miso with Stock by Minimum Heating Process
Kunihiko UEMURA

……………………………………………………………………………………………

抜粋要旨 中国醸造雑誌『醸酒科技』2017年11期号(総281号)

……………………………………………………………………………………………
報文

優良きょうかい清酒酵母菌株を判別可能なDNAマーカーの設定と保存菌株への適用
赤尾 健・周 延・渡辺大輔・岡崎直人・下飯 仁

Development of DNA markers to differentiate good Kyokai sake yeast and other yeast strains
Takeshi AKAO, Yan ZHOU, Daisuke WATANABE, Naoto OKAZAKI and Hitoshi SHIMOI

……………………………………………………………………………………………


特定商取引法に基づく表記
  • dinamic_sidebar 4 none

Copyright(c) 2018 Brewing Society of Japan, All right reserved.