日本醸造協会誌第112巻6号が発刊されました

・日本醸造協会誌第112巻6号が発刊されました。
・掲載内容は、下記のとおりです。
……………………………………………………………………………………………
解説

<巻頭随想>
酒米と30年
池上 勝

……………………………………………………………………………………………

大吟醸酒向け水稲品種「雪女神」の育成とその特性
本間 猛俊

Breeding and Properties of a Rice Cultivar “Yukimegami” for Daiginjo-shu
Taketoshi HOMMA

……………………………………………………………………………………………

きのこ類を用いた発酵食品の製造~アルコール耐性アミラーゼ生産株の探索と味醂の製造~
本間裕人・徳田宏晴

Production of Fermented Food using Mushrooms ~Screening of mushrooms having alcohol-tolerant amylase activity for making “Mirin”~
Hiroto HOMMA, Hiroharu TOKUDA

……………………………………………………………………………………………

発酵漬物における乳酸菌のはたらき
宮尾 茂雄

Behavior of Lactic Acid Bacteria in Fermented Pickles
Shigeo MIYAO

……………………………………………………………………………………………

平成28年度における醤油の研究業績

……………………………………………………………………………………………

平成28酒造年度 全国新酒鑑評会の審査結果について

……………………………………………………………………………………………

抜粋要旨 中国醸造雑誌『醸酒科技』2016年7期号(総265号)

……………………………………………………………………………………………
報文

日本産ラム酒の揮発性成分組成の特性
福田 央・韓 錦順

Characteristics of the volatile composition of Japanese rum
Hisashi FUKUDA and Jinshun HAN

……………………………………………………………………………………………

カプロン酸生産菌群や乳酸菌添加による香気性豊かな米焼酎製造プロセス実用化のための実証試験
袁 華偉・譚 力・陳 浩・孫 照勇・湯 岳琴・木田建次

Production of flavor-rich rice shochu with addition of caproic acid producing bacteria consortium and lactic acid bacterium in a demonstration test
Hua-Wei YUAN, Li TAN, Hao CHEN, Zhao-Yong SUN, Yue-Qin TANG, Kenji KIDA

……………………………………………………………………………………………

マスカット・ベーリーAの副梢果房を用いた赤ワイン醸造におけるマストとワインの成分組成
岸本宗和・乙黒美彩・柳田藤寿・安部正彦

Chemical composition of must and wine in red winemaking using lateral shoot grapes of Muscat Bailey A
Munekazu KISHIMOTO, Misa OTOGURO, Fujitoshi YANAGIDA and Masahiko ABE

……………………………………………………………………………………………


特定商取引法に基づく表記
  • dinamic_sidebar 4 none

Copyright(c) 2017 Brewing Society of Japan, All right reserved.