日本醸造協会誌第107巻6号が発刊されました

・日本醸造協会誌第107巻6号が発刊されました。
・掲載内容は、下記のとおりです。
……………………………………………………………………………………………
解説

<巻頭随想>震災と日本酒、そして國酒のこと
佐浦 弘一

……………………………………………………………………………………………

清酒酵母のゲノム解析:その現状と展望
赤尾 健

The Genome Analysis of Sake Yeast Kyokai No.7 and Foresights of Sake Yeast Genomics
Takeshi AKAO

……………………………………………………………………………………………

麦焼酎の香味に関する研究
高下 秀春

Study on Flavor-Taste of Barley-Shochu
Hideharu TAKASHITA

……………………………………………………………………………………………

淡水魚のナレズシ文化
堀越 昌子

Fermentation Culture of Fresh Water Fish
Masako HORIKOSHI

……………………………………………………………………………………………

オーストラリアのワイン法
髙橋 梯二

Australian Wine law
Teiji TAKAHASHI

……………………………………………………………………………………………

平成23年酒造年度 全国新酒鑑評会の審査結果について
独立行政法人酒類総合研究所

……………………………………………………………………………………………

大学のお酒 大阪府立大学
なにわの育

……………………………………………………………………………………………

抜粋要旨 中国醸造雑誌『醸酒科技』

……………………………………………………………………………………………

研究報文

清酒の老香成分に及ぼすバナジウムの影響
磯谷敦子・神田涼子・岩田 博・須藤茂俊

The influence of vanadium on the components of hineka
Atsuko ISOGAI, Ryoko KANDA, Hiroshi IWATA, and Shigetoshi SUDO

……………………………………………………………………………………………


特定商取引法に基づく表記
  • dinamic_sidebar 4 none

Copyright(c) 2019 Brewing Society of Japan, All right reserved.