日本醸造協会誌第107巻4号が発刊されました。

・日本醸造協会誌第107巻4号が発刊されました。
・掲載内容は、下記のとおりです。
……………………………………………………………………………………………
解説

<巻頭随想>売れる商品作り支援を目指して
村中 文人

……………………………………………………………………………………………

黒麹菌の分類と安全性について ―その分子生物学的な解析―
山田 修

Molecular Biological Researches of Kuro-Koji Molds, Their Classification and Safety.
Osamu YAMADA

……………………………………………………………………………………………

花および海岸漂着海藻より分離した酵母を用いた清酒小仕込試験
久田 孝・矢野俊博・松田 章

Characterization of Saccharomyces cerevisiae Isolated from Flower and Algal Beach Casts in Ishikawa, Japan, Using the One-step Small Moromi Model
Takashi KUDA, Toshihiro YANO, Akira MATSUDA

……………………………………………………………………………………………

赤ワインの渋み
後藤 奈美

Astringency of Red Wine, Influence of Viticulture and Vinification
Nami GOTO

……………………………………………………………………………………………

エノログが見たワイナリー現場の問題点とその改善
増子 敬公

On-Site Problem and Improvement Jadging from a Enologue
Yoshihiro MASUKO

……………………………………………………………………………………………

平成23年度における酒類の研究業績
編集部

……………………………………………………………………………………………

高橋利郎先生を悼む
木崎 康造

……………………………………………………………………………………………

大学のお酒 滋賀県立大学日本酒プロジェクト

……………………………………………………………………………………………

抜粋要旨 中国醸造雑誌『醸酒科技』

……………………………………………………………………………………………

研究報文

麹汁培地を用いた集積培養液から分離した酵母の性質
数岡孝幸・武田洸平・中田久保

Characteritics of Yeast Isolated from an Enriched Culture Made from Koji Extract.
Takayuki KAZUOKA, Kohei TAKEDA and Hisayasu NAKATA

……………………………………………………………………………………………


特定商取引法に基づく表記
  • dinamic_sidebar 4 none

Copyright(c) 2019 Brewing Society of Japan, All right reserved.