日本醸造協会誌第107巻3号が発刊されました。

・日本醸造協会誌第107巻3号が発刊されました。
・掲載内容は、下記のとおりです。
……………………………………………………………………………………………
解説

<巻頭随想>お酒造りは複雑系発酵で
高橋 康次郎
……………………………………………………………………………………………

フランスにおける最近の日本酒事情について
黒田 利郎

Sake in France : Importer’s Observations
Toshiro KURODA

……………………………………………………………………………………………

「全国新酒鑑評会」について
後藤 邦康

The Sake Contest
Kuniyasu GOTO

……………………………………………………………………………………………

清酒酵母の保存方法とその組み合わせ及び「混合活性酵母液」による
酒母育成と酒質の個性化
宮井 孝一

How Should the Yeasts Be Preserved? And the production of the Characterized Sake by Using the Combination of Activated Preserved Sake Yeasts’ Mixed Culture.
Kouichi MIYAI

……………………………………………………………………………………………

気象変動に強い良質米の安定栽培法
吉永 悟志

Rice Cultivation for the Stabilization of Yield and Quality under the Situation of Climate Change
Satoshi YOSHINAGA

……………………………………………………………………………………………

コルクからのカビ臭原因物質(ハロアニソール)除去技術
但馬 良一

The Technology for Removing Musty Odor Substance (Haloanisoles) from Cork.
Ryoichi TAJIMA

……………………………………………………………………………………………

大学のお酒

……………………………………………………………………………………………

抜粋要旨 中国醸造雑誌『醸酒科技』

……………………………………………………………………………………………

研究報文

α-グルコシダーゼ高生産麹菌を用いた米味噌のイソマルトース増加効果
渡辺隆幸・佐藤恵里・佐々木康子・府金雅昭・菊地 仁・佐藤 勉・瓜生 摂・今野 宏

Increasing the effect of isomaltose amounts in kome-miso by applying a high α-glucosidase koji strain.
Takayuki WATANABE, Eri Sato, Koko SASAKI, Masaaki FUGANE, Jin KIKUCHI, Tutomu SATO, Setu URYU, Hiroshi KONNO

……………………………………………………………………………………………


特定商取引法に基づく表記
  • dinamic_sidebar 4 none

Copyright(c) 2019 Brewing Society of Japan, All right reserved.