醸造業界で活躍する方々の「自分のお気に入りの醸造物・それにまつわる思い出」「醸造にかける想い・抱負」等を綴っていただく『いい醸!』。発表いただいた方の紹介により次回のご担当者が決まるため、意外な繋がりも見えるカモ!
 あなたが発表する日も遠くありません。その際はぜひ思いの丈をぶつけてください。

 更新は毎週月曜日・お昼の12時です!


10月 23 2017

関谷醸造株式会社
関谷 健

 

ご氏名をお願いします

関谷 健 (せきや たけし)

 

ご所属

関谷醸造株式会社 代表取締役

 

代表商品

蓬莱泉

 

 

 

 

 

 

 

 

最近はまっている醸造物があれば一品教えてください

豆板醤(香港の湾仔にある老上海飯店のもの)

 

その理由は

日本酒のプロモーションや営業で海外に行くのですが、香港に行った時に連れて行って戴いたこのレストランで初めて本場の豆板醤を口にして驚きました。今では炒め物や中華系の料理には必ず隠し味で入れています。

 

思い出の写真

初めて海外で行ったレストランでのイベント、香港のお寿司屋さんで越の磯の磯見社長と一緒に「越の磯」と「蓬莱泉」の会でした。司会をしているのは前回登場した香港のルイス社長です。

 

 

 

 

ご略歴

1990 愛知県立 新城東高等学校 卒業

1994 東京農業大学 農学部 醸造学科 卒業

1994 豊田肥料株式会社にて 研修

1995 兵庫県農業総合試験場にて研修

1995 株式会社大倉商店(酒類卸/現在のオオクラ㈱)入社

1998 関谷醸造合資会社(現・関谷醸造株式会社) 入社

2010 関谷醸造株式会社 代表取締役 就任

 

ご趣味

スキー

サッカー

モータースポーツ観戦

読書

カメラ

 

ご紹介者・ルイス様からのメッセージ

関谷社長、お酒に関わることをいつも快く教えていただいて本当に感謝いたしています。これからも香港の「日本清酒文化交流会」名誉会長としてご指導いただきますようお願いいたします。

 

ルイス様へメッセージを!

ルイス社長と初めてお会いした時に驚いたのが「『御社の作品』を分けてください」という言葉でした。既存の流通関係者でお酒のことを「作品」と呼ぶ人は未だかつて一人もいません。この人なら自社の酒を大事に扱ってくれると思い、取り引きを始めることにしました。それから十年以上経ちましたが、今日でもその義理堅さや丁寧な仕事ぶりに感心しています。

 

最後に今後の抱負や期待することを教えて下さい!

関谷醸造では2006年から農業に取り組んでいます。地元で高齢化を理由に引退する農家さんの圃場を借り受け、自社スタッフで酒米づくりをしていますが、現在栽培面積が23ヘクタールになりました。

酒米というと「山田錦」が有名ですが、各地の酒蔵が地元で栽培されたその地域特有の酒米にフォーカスして酒造りをすれば、もっと地域性や蔵の個性が出て、日本酒が面白くなっていくと思います。

 

 

 

 

 

 

 

リンク

ホームページ