醸造業界で活躍する方々の「自分のお気に入りの醸造物・それにまつわる思い出」「醸造にかける想い・抱負」等を綴っていただく『いい醸!』。発表いただいた方の紹介により次回のご担当者が決まるため、意外な繋がりも見えるカモ!
 あなたが発表する日も遠くありません。その際はぜひ思いの丈をぶつけてください。

 更新は毎週月曜日・お昼の12時です!


6月 04 2012

胎内高原ワイナリー・胎内高原ビール園醸造担当
坂上 俊

 

ご氏名をお願いします

坂上 俊(さかうえ すぐる)

 

現在のご所属などは?

胎内市農林水産課 ふるさと特産係
胎内高原ワイナリー・胎内高原ビール園醸造担当

 

代表銘柄

胎夢「タイム」、まっかだん、しーりゃん

※[まっかだん]とは胎内市の方言で「赤い物」という意味。
※[しーりゃん]とは胎内市の方言で「白い物」という意味。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

思い出の醸造物 or 好きな醸造物 or 最近はまっている醸造物などを
一品教えてください

ワイン、地ビール

 

その理由やその醸造物にまつわるエピソードをぜひ!

約10年地ビール醸造に携っておりますが、まだまだ改良すべき点が沢山あり、常に追求し続けることが出来る物だと思います。

そんな折ワインの担当になり、同じ醸造でもビールとの違いを感じ、戸惑いながら勉強中です。

 

写真

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

平成19年8月に竣工した胎内高原ワイナリーです。(国内ではめずらしい「市」直営のワイナリーです。)原料となる加工用ぶどうは胎内市内にある蔵王山県営農地開発事業により造成された果樹畑。

ぶどう畑は広大な栽培面積と急斜面を利用し、試験栽培結果を基に地域にあった品種のぶどう選定しており、こだわりと丹精こめて栽培管理をしております。

今後は、地元産ぶどうで胎内ならではの手作りワインとして親しまれるワインを製造したいと思っております。

 

ご略歴

2000年より現在まで 胎内高原ビール園 醸造担当
2012年4月より 胎内高原ワイナリー担当

 

ご趣味

スキー、野営、読書、山歩き

 

平山繁之様へメッセージを!

勝沼酒造㈱専務取締役 平山繁之さんには胎内高原ワイナリーの立ち上げからご指導をいただいており感謝しております。

平山さんは社交的でとても気さくな方です。ワインに対する談話は情熱的で大変勉強させていただいており、当施設のワイン製造にはかかせない方です。平山さんのノウハウをご指導いただきながら地域の特性を生かしたワインができるよう今後もよろしくお願いします。

 

告知などがございましたらお願いします

「夕日を見ながらワインを飲む会」を開催します。

 と き  6月9日(土)午後5時から
 ところ  新潟フルーツパーク(胎内市塩沢地内)会費5千円 定員 60名
 問合せ先 0254-47-3363(新潟フルーツパーク)

胎内市の特産品を紹介しますと、胎内高原ワインをはじめ、胎内黒豚はハム製品、ジャージー牛の乳製品、胎内高原ビール、胎内の水など豊かな自然の恵みを活かした特産品もありますので是非一度ご賞味ください。

 

最後に今後の抱負や期待することを教えて下さい!

今年からワイン醸造を担当することとなりましたが、毎日が勉強です。

現在、製造員の方に製造方法を一から教えていただき奮闘しております。地元に愛されるワイン、美味しいと言われるワインを作りたいと思っております。

 

リンク