醸造業界で活躍する方々の「自分のお気に入りの醸造物・それにまつわる思い出」「醸造にかける想い・抱負」等を綴っていただく『いい醸!』。発表いただいた方の紹介により次回のご担当者が決まるため、意外な繋がりも見えるカモ!
 あなたが発表する日も遠くありません。その際はぜひ思いの丈をぶつけてください。

 更新は毎週月曜日・お昼の12時です!


7月 16 2019

株式会社角口酒造店
村松裕也

 

ご氏名をお願いします

村松 裕也(むらまつ ゆうや)

 

ご所属

株式会社 角口酒造店 専務取締役 兼 杜氏

 

代表商品

日本酒「北光正宗」

 

 

 

 

 

 

 

思い出の醸造物 or 好きな醸造物 or 最近はまっている醸造物を教えてください

 どぶろく「かまくらの里」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その理由は

日本酒製造メーカーの跡取りとして現在は杜氏を務めていますが、市内でどぶろく製造免許を取得した施設に技術指導者として招かれ、はじめて造ったどぶろくです。

日本酒の場合は濾して“おいしい”と感じるように発酵管理しますが、どぶろくは濾さずに“おいしい”と感じるような造り方が必要であり、自分にとっても大変勉強になる製造体験でした。

 

思い出の写真

59醸リリースイベント(1年目)の写真。

59醸(ゴクジョウ)は2015年に結成した長野県の酒蔵ユニット。

メンバー5人全員が昭和59年度生まれの酒蔵の跡取りで、活動期間は10年。

2025年の解散までさまざまな取り組みをしていきます。

写真は2015年に59醸として初めて開催したリリースイベントの集合写真。

 

ご略歴

・昭和59年7月生まれ

・平成19年 東京農業大学醸造科学科卒・角口酒造店入社

・平成21年 角口酒造店杜氏として製造開始

・平成26年 日本酒造杜氏認定

 

趣味

酒造りと酒呑み

 

ご紹介者・関様からのメッセージ

一生どうやっても変わらない、同い年ということが出会いのキッカケでした。

みんなが40歳になる年まで続ける「59醸(http://59jo.com/)」も折り返し地点を迎えましたね。世話もたくさんかけましたが、わたしも大人になりました(笑)段々と互いの身体の心配なんかをしながら、労り合いながらずっと付き合えるのかと思うと、それもひとつの愉しみです。

これからも末永くよろしくお願いします。

 

様へメッセージを!

どんなに金持ちでも、どんなに有名人でも、どんなに地位が高い人でも、誕生日は変えられない。そんな同級生の繋がり作ってしまえば、少なくとも一生同級生の酒蔵の酒は忘れないし、飲み続けてくれるんじゃないかなと。そんな思いからスタートした59醸ですが、まんまと引っかかった方のおひとりですね(笑)

いつもイベントの時は直前に案内出すのに、なぜか毎回スケジュールが空いててくれてありがとうございます!まずはあと5年間、お互いにがんばりましょう!

 

告知など

59醸(http://59jo.com/)でいろいろな取り組みをしています。

 

今後の抱負や今後へ期待すること

長い伝統の中で引き継がれてきた日本酒は、それぞれの地域で必要な役割を果たしてきたと思います。

画一化された酒造りではなく、蔵や地域の特色を最大限に生かした酒造り・モノ造りをより一層追及していきたいです。

 

リンク

ホームページ