醸造業界で活躍する方々の「自分のお気に入りの醸造物・それにまつわる思い出」「醸造にかける想い・抱負」等を綴っていただく『いい醸!』。発表いただいた方の紹介により次回のご担当者が決まるため、意外な繋がりも見えるカモ!
 あなたが発表する日も遠くありません。その際はぜひ思いの丈をぶつけてください。

 更新は毎週月曜日・お昼の12時です!


9月 03 2012

株式会社本田商店
本田龍祐

 

ご氏名をお願いします

本田 龍祐(ほんだ りゅうすけ)

 

現在のご所属などは?

株式会社本田商店 取締役

 

代表銘柄

「龍力」「米のささやき」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

思い出の醸造物 or 好きな醸造物 or 最近はまっている醸造物などを
一品教えてください

龍力「ドラゴンシリーズ」

 

その理由やその醸造物にまつわるエピソードをぜひ!

自分で蔵に入り、酒造りに取り組む上で何が美味しいのかを考えていました。
そう思って色々なお酒を飲むとスタイルは違えども美味しいお酒は、世の中たくさんあります。そこで冷酒なら冷酒、常温なら常温、お燗ならお燗と飲み方に特化したら面白いのではないかと思い企画したシリーズです。

蔵人の話を聞くと、原形精米法をすると65%で50%のクオリティーが出せると言う。それならば65%で大吟醸仕込みをすると純米の味わい、大吟醸のキレを併せ持つお酒が出来るのではないか?と思い仕込んだお酒や、味わいが濃厚な大吟醸を造るにはどうするか?を考え、アルコールに自社で山田錦を原料として製造したアルコールを使用した大吟醸など、造りへのチャレンジをしています。

しかし素人には難しい話です。漢字でドーンとすると通向けのお酒になるのでではないかと思い、ラベル、名前はポップにしています。ラベルで遊び、酒は王道。「なんやねんコレ」と言いながら楽しんで飲んで頂ければと思っています。

日本酒を飲んでと言っても飲んで貰えないのであれば、ちょっと飲んで見たいと思わせる事ができればよいのではないか。「鳴かぬなら鳴かせてみようホトトギス」の精神です。

どんなお酒でも飲んだら酔う。どうせ酔うなら楽しんで飲んで貰いましょう!!宴を追求する日本酒でありたいと考え、龍力とは少し違う事をするチャレンジのシリーズです。

 

 

 

 

 

 

 

 

ご略歴

2002年4月 東京農業大学応用生物科学部醸造科学科 卒業

同7月 ㈱本田商店入社

出向で酒造経営コンサルタンツ地酒の杜で約2年間在籍。

2004年本田商店に戻る。

現在に至る。

 

ご趣味

読書、ゴルフ、靴磨き

 

ご紹介者・桜井様からのメッセージ

酔っぱらうことに対しての費用効果的な面でなく、人生を楽しむためのツールとして、日本酒を造って行こうという部分で、すごく共感の持てる方です。

 

桜井様へメッセージを!

ご紹介ありがとうございます。

これからも、“米の「龍力」磨きの「獺祭」”として切磋琢磨し山田錦の魅力を伝えて行きましょう♪

それぞれが日本酒の楽しさを追求し、一緒に楽しい事を表現できたらと考えています。これからもよろしく!!!

 

告知などがございましたらお願いします

「龍力 特別純米 生もと仕込み」燗酒コンテスト2012において最高金賞受賞しました。

 

最後に今後の抱負や期待することを教えて下さい!

日本酒業界が大きくなれば、やり方は色々あります、大きくなれば、幸せになる人が増えてくる!

その為に、日本酒に出会える環境をもっと創って行きます。日本の酒を知らない方が多いのは事実です。バサッとは行かないですが、一歩一歩の積み重ねが、日本酒新時代を創ると思い、微力ですが、日本のお酒を伝える勉強会を開催し、続けて行きます。

 

リンク

龍力メインHP(工事中) http://www.taturiki.com/

ドラゴンシリーズ専用HP http://www.taturiki.com/dragon/