醸造業界で活躍する方々の「自分のお気に入りの醸造物・それにまつわる思い出」「醸造にかける想い・抱負」等を綴っていただく『いい醸!』。発表いただいた方の紹介により次回のご担当者が決まるため、意外な繋がりも見えるカモ!
 あなたが発表する日も遠くありません。その際はぜひ思いの丈をぶつけてください。

 更新は毎週月曜日・お昼の12時です!


10月 06 2014

株式会社ヤマト醤油味噌
山本耕平

 

ご氏名をお願いします

山本 耕平(やまもと こうへい)

 

現在のご所属などは?

株式会社ヤマト醤油味噌 営業部 営業課長

 

代表商品

丸大豆生醤油 ひしほ・有機生味噌 かなえ

 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

商品ラインナップ
 

「丸大豆生醤油 ひしほ」は父が20年以上前に開発した生(なま)醤油で、醤油の醸造やパッケージを年々磨き上げて、現在に至る、当社の看板商品です。私にとっては、この生醤油の香りがずっと身近にありました。
 

思い出の醸造物 or 好きな醸造物 or 最近はまっている醸造物などを
一品教えてください

生味噌・豆腐餻(とうふよう)

 

その理由やその醸造物にまつわるエピソードをぜひ!

仕事柄、出張や外食が多いので、健康バランス維持のために、酵素や必須アミノ酸を多く含む生味噌は欠かせません。たとえば、出張に生味噌を小分けして持っていきます。そのまま食べたり、おぼろ昆布などで簡単に味噌汁をつくったりして活用しています。昔の武士も、兵糧に味噌を活用していたらしいので、栄養学的に理に適っているのではと思います。

最近はまっている醸造物とすると、・・・豆腐餻。発酵を経て、極上チーズに変化した豆腐に、糀の力の不思議を感じずにはいられません。沖縄料理屋で食事するときは必ずオーダーします。お店によってかなり味にあたりはずれがあるのも面白いところです(笑)

 

写真


 

 

 

 

 

 

 
ヤマト醤油味噌_外観
 

 

 

 

 

 

 

町並み_東茶屋街
 

 

 

 

 

 

 

 
蔵内_木樽
 

ご略歴

1985年2月7日生まれ

2008年 神戸大学経営学部卒業

2009年 ヤマト醤油味噌入社

以後 同職

 

ご趣味

旅。読書、映画鑑賞など。

 

ご紹介者・谷川様からのメッセージ

熱い思いを持って行動している姿にいつも刺激をうけています。今後ともどうぞよろしくお願いします!

 

谷川様へメッセージを!

真摯なものづくりをされる姿勢に、いつも刺激を受けています!共に、石川の発酵食文化を盛り上げてゆきたいです。これからもよろしくお願いします。

 

告知などがございましたらお願いします

2014年10月1日から、首都圏で初めての直営店を、玉川髙島屋S・C(本館B1)にOPENします。金沢の風土に磨かれた、生醤油・生味噌に加えて、甘酒・だし・ドレッシングなどを販売します。詳細はホームページにて、ご覧いただけると幸いです!

 

最後に今後の抱負や期待することを教えて下さい!

お客さまの健康で幸せな食生活実現のお役に立つという、商売の原点にある想いを、発酵食のものづくりを通して、実現したいと考えています。視野は広く、世界へ。そして、具体的な行動は、地に足を付けて。代が変わるごとに、具体的な商品は変わってきていますが、原点にあるお客様への想いを継承していきます。
金沢らしい発酵食文化を、ワークショップやWEBの記事でひろくお届けすることも大切な使命だと思っています。30~40代で、食に関心が芽生えてきた方(そして、次世代の子どもたちの味覚を育てる世代でもあります)に対して、普段の暮らしの中では、どんな食品選びをしたら良いのかをお伝えするような活動にも取り組みます。

具体的におすすめしているのは、「一汁一菜に一糀」の食生活。日々の食生活に、糀の酵素を摂り入れて頂くこと。もっとかみ砕いて言うと、毎日1杯のお味噌汁、ということでも良いですし、塩糀や生醤油をつかった調理でも良いです。免疫力を高め、腸からの健康を提案しています。

 
 

 

 

 

 

 

「一汁一菜に一糀」
 

リンク

株式会社ヤマト醤油味噌ホームページ