醸造業界で活躍する方々の「自分のお気に入りの醸造物・それにまつわる思い出」「醸造にかける想い・抱負」等を綴っていただく『いい醸!』。発表いただいた方の紹介により次回のご担当者が決まるため、意外な繋がりも見えるカモ!
 あなたが発表する日も遠くありません。その際はぜひ思いの丈をぶつけてください。

 更新は毎週月曜日・お昼の12時です!


2月 25 2019

木下酒造有限会社
Philip Harper

 

ご氏名をお願いします

Philip Harper (フィリップ・ハーパー)

 

ご所属

木下酒造有限会社 杜氏・常務取締役

 

代表商品

「玉川」各種

 
 

 

 

 

 

 

 

 
思い出の醸造物 or 好きな醸造物 or 最近はまっている醸造物を教えてください

日本酒の熟成酒色々です。

 

その理由は

若い酒には若い酒の良さもありますが、差別化による個性は少ない。日本酒は熟成してこそ、工業製品ではなく、農業の延長で生まれる伝統発酵食品としての魅力が膨らみ、飲み手に伝わると考えています。

 

写真

日本酒との出合いのきっかけになった友人の藤木龍夫(現在「金沢麦酒」所属)、横道俊昭(現在「御祖酒造」杜氏)と共に。

平成元年

 

 

 

 

 

 

 

 

 

平成28年

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
ご略歴

1966 英国生まれ
1988 来日、日本酒との出合い
1991‐2001 奈良県にて酒造り修行(但馬杜氏、南部杜氏)
2001-2007 大阪府、茨城県の蔵に勤務(能登杜氏、南部杜氏)
2007 – 現在 木下酒造で杜氏を勤める

 

趣味

フリークライミング少々
日本酒少々

 

ご紹介者・北場様からのメッセージ

Harper杜氏を知る方が多い中、私が紹介させていただくのもおこがましいのですが、折に触れ意見交換させていただいて酒造りの信念や味へのこだわりなど見習いたいと思いながら過ごしてきました。酒造りの技術だけではなく、作業環境や労務環境まで気配り、改善できる素晴らしい杜氏さんと思っております。

 

北場様へメッセージを!

最近では酒造業界の集まりで、私が平均年齢を上げることが多くなりました。しかし、キャリアが長く貫禄のある北場先輩に対してはつい、自分より若いということを忘れてしまいます。私から見た北場杜氏は、「真面目」の塊です。担当する現場でまっすぐにものごとに取り組む姿、業界全体への貢献、若手の酒造工育成への強い意気込み。そんな北場杜氏に感心し、尊敬しています。

 

今後の抱負や今後へ期待すること

日本酒全般が好きですが、業界にとって熟成酒の魅力がほとんど武器になっていないことは残念に思っています。木下酒造では熟成酒部門を経営方針の軸にしています。今後も色々な場で色々な客層に、熟成酒を含む日本酒の魅力を伝えていきたいです。

 
 

 

 

 

 

 

 

 

 
リンク

ホームページ